FULL MOVIE

CONCEPT

コンセプト

             
建築は住宅、オフィス、店舗などタイプによって様々な方々が関わり過ごしていく場所です。
お客様は勿論のこと、その場を過ごす全ての方々が感動し、記憶に残る空間をつくることが使命だと私共は考えています。みらくる設計室ではデザイン・機能性を追求するのは当然のことで、それ以上に皆様が心から「感動」するための、最高の「奇跡」空間を提案いたします。
          
      

WORKS

物件紹介

PICK UP

CATEGORY

大胆なRCの造形「上竹屋町の集合住宅」

質実剛健な施主様会社の本社ビルとして、存在感と奥行き感のあるコンクリートのフレームを間口いっぱいに配置して、力強さを演出したデザインを特徴としています。 フレーム自体は杉板化粧や、凹凸あるマリオンを採用し、単に荒々しいだけでなく上品さも兼ね備えたディティールにしています。 それに対して、レジデンス玄関部分は上記のフレームとシャープな軒先で緩やかに縁を切り、玄関口として違った空気感を作り上げました。 全体の色は比較的モノトーンなで構成しましたが、間接照明や素材感で彩りを与えています。オフィスエリア内はマニッシュなデザインを踏襲し、金属のフレームやガラスなど シャープなイメージで創り上げています。

低コストで最大の利益を追求したレジデンス 「レクト伏見」

奥に長い敷地形状で、前2戸後ろ2戸の平面計画が一般的な計画でしたが、それではエントランスを確保すると3F建てで計11戸になってしまうため、いかにして12戸を確保するかが最大の焦点でした。 そこで弊社では住戸配置を工夫し、法定採光を細長く確保することで、エントランスを最小にして横並びで12戸を確保する計画を実現させました。 工事費高騰の中で少しでもよく魅せるために、部分的なタイル採用や木調床材、効果的な照明配置を取り入れることで、見劣りしないレジデンスを完成させました!

気品ある玄関口を演出した「RESIDENCE 京都府庁前」

大通りからの細い路地を通って玄関へと向かう動線を、より気品高く演出したプロジェクト。京都府庁近くの立地から、青銅色を意識した玄関の門扉を通り、大谷石や緑石を含ませた洗い出し床を織り込んだアプローチを辿りエントランスへと導きます。内部は木意匠や上質な素材でレトロな貴賓室を意識したエントランス空間が出迎えます。住居は46㎡程度の住みやすい1LDKを中心に構成、上階の居室からは府庁前の並木を大胆に望むことができます。 ※Photo by Daijirou Okada

大胆なRCの造形「上竹屋町の集合住宅」

質実剛健な施主様会社の本社ビルとして、存在感と奥行き感のあるコンクリートのフレームを間口いっぱいに配置して、力強さを演出したデザインを特徴としています。 フレーム自体は杉板化粧や、凹凸あるマリオンを採用し、単に荒々しいだけでなく上品さも兼ね備えたディティールにしています。 それに対して、レジデンス玄関部分は上記のフレームとシャープな軒先で緩やかに縁を切り、玄関口として違った空気感を作り上げました。 全体の色は比較的モノトーンなで構成しましたが、間接照明や素材感で彩りを与えています。オフィスエリア内はマニッシュなデザインを踏襲し、金属のフレームやガラスなど シャープなイメージで創り上げています。

水平ラインとハイサッシを整然と組み合わせた「上田清掃株式会社 本社ビル」

RCスラブで造られたコーポレートカラーであるブルーの水平ラインと、スラブ間で整然と配置したハイサッシで、直線的なファザードをつくりました。1Fの駐車場ピロティも水平ラインと植栽により、デザインに取り込んでいます。各部屋からは左京の景色を臨むことができ、開放的な空間となっています。

人と人がゆる~~く繋がる ラウンジオフィス

50㎡強の事務所をリノベーションしたプロジェクト。ってゆーか弊社のオフィスです!もともとあったキッチンを生かしつつ、 モスグリーンやイエロー等のカラーを奇抜になるすぎないバランスで空間を纏めました。同サイズの円形テーブルを複数並べて 打ち合わせ~食事、休憩までフレキシブルに対応できるように家具を選定しています。

「オモシロ」が詰まった複合施設!

カフェ・オフィス・スタジオが一体となった複合施設が桂川近くに完成しました! 「オモシロ」を大事にするお客様のイメージを尊重して、宇宙のような廊下やカラフルなオフィスなど、様々な仕掛けづくりがされています。 外観は斜めの敷地形状に建てる上で道路から視認される面を最大にするための形状をベースとして、日影規制をクリアさせるためのルーフバルコニーや車路を確保するための片持ちの形状を 取り入れて、デザインを纏めました。木調サイディングを全面にまとった上で細長いプロポーションの窓やカフェ側のガラスファザードで動きを与えています。 3Fには個性をそれぞれ出した3つのスタジオがあり、CMやドラマの撮影に使われています! ※Photo by Daijirou Okada  (※アーキネット京都在籍時に代表が設計。みらくる設計室にて監修を担当。)

京都のど真ん中 一大商業ビルをリノベーション!「Shicata bldg」

京都-四条河原町の築45年超のテナントビルを耐震改修+リノベーションしました。 耐震面では、強度不足に加えて壁が一方向に寄りすぎて全体バランスが良くなかったため、コンクリート耐震壁と鉄骨のブレースを併用して 全面的に改修を加えました。防水改修の他、既存EVのシャフトを配管スペースに使用したり情報インフラを整えたりと、新時代に合わせた性能も確保しています。 デザイン面では既存の外観を最大限生かしつつ、エントランス通路をレトロ感のある風合い良いタイルを大胆に用いて、迫力がありながらどこか懐かしい感情にもなる 不思議な空間を演出しています。※Photo by Daijirou Okada (※前職 アーキネット京都在籍時に設計) 

狭小地に建つ都市型テナントビル 「Koizumi Bldg」

間口5.5m程度の土地に如何に視認性の高いテナントビルを建てれるか? その答えとして提案したのは「屏風」でした。 階段室型のEVホールを使い共用部を最小限に抑える事で専有部を最大限確保した他、外観はALCの目地に合わせてガラス面を 整然と配置して、都市型のファザードを目指しました。一番悩ませたのは1Fテナントおよびホールへの動線計画ですが、 道路から視認性を上げるために屏風状に並べたサインパネルで、自然と中へ引きこまれる仕掛けをつくりました。 夜にはパネル間に仕込まれた間接照明に照らされ、幻想的で上品な玄関口を醸し出しています。※Photo by Daijirou Okada (※前職 アーキネット京都在籍時に設計)

コンクリートのフレームデザインが映える RC住宅

京都市北区で計画したRC壁式造の住宅。フレームデザインを外観~インテリアまで統一して採用して、綺麗な空間を目指しました。将来の間取り変更も想定した構造壁配置など、目に見えない配慮もしています。 ※Photo by Daijirou Okada

人の集う 光差し込むリビング

ビルの3Fをフルリノベーションした2LDK住宅です。クリスタルカウンターのアイランドキッチンを中心にワイドなリビングをつくり、 人の集いを誘い込みます。元々小屋裏収納があった天井を解体して、木板貼の高勾配天井を間接照明で照らして優雅な空間を醸し出しています。

絶景を見渡す、上品でワイドな邸宅

広大な池、自然、そして整備された庭に囲まれた京都有数の地で、住宅と客間を備えた邸宅のプロジェクトです。 市街化調整地域の境界に接する特殊な条件の中で、景色を見渡すため極めてワイドなプロポーションを形成し、 深い軒の外部廊下や列柱デザイン、鉄骨梁のシャープさを散りばめて、上品な顔に仕上げました。 厨房設備も備えた客間には庭を見渡すワイドなガラス面をベースに、梁を感じさせない木化粧のデザインや、 施主のこだわった造作家具を取り入れて、贅沢な接待空間を演出しています。※Photo by Daijirou Okada (※前職 アーキネット京都在籍時に設計)

ABOUT

会社情報

所在地
〒604-8145 京都市中京区東洞院通錦上る
エステートビル四条烏丸202
電話番号
075-754-8360
代表
村田裕基
許可番号
京都府知事登録(03A)第03315号
    

BLOG

ブログ

2024.05.09

誕生日を祝いました!

2024.04.07

新スタッフの歓迎会をしました!

CONTACT

お問い合わせ

 
 

Group

       

グループ会社